ツイート


2015/05/24(日)

まだまだ余震が続いています。私達がいたカトマンズでも震度3くらいの地震がありました。

2015/05/23(土)

毛布は二つの村の公民館に提供した。
Blankets I handed out to two of the community center of the village

2015/05/23(土)

さっそくもらった服を着ておめかし。
Spruced up wearing immediately and got clothes

2015/05/23(土)

子供達には文房具をプレゼントしました。
The children we raised the stationery

2015/05/23(土)

170帖のテント用ビニールシートと衣類をを昨日ボスティパル村で配布。間も無く来る雨季に安心して暮らせるととても喜んでもらいました。

We gave out 170 pieces tent and clothing

2015/05/23(土)

ボスティパ村の人たちの心の拠り所であった寺院も全壊しました。お寺の跡地で物故者慰霊のためのお祈りをしました。
Bosthipal village temple was also destroyed.Temple was the cornerstone of the villagers of mind.And s the memorial of the memorial service at the temple

2015/05/23(土)

昨日ボスティパ村にテント用ビニールシート、毛布、衣類、文房具等の支援物資を持って行きました。この村カトマンズから約60キロの距離にありますが、最初の45キロは普通の道、残り15キロは山あり谷ありの想像を絶する悪路、15キロ走はに二時間以上かかりました。乗用車では行けず、物資を積んだトラックで行きました。ほぼ一カ月経過したにもこの村に入った最初の支援者が私たちです。諸事情で誰も行かなかったのでしょうが、この悪路も行かない要因の一つかもわかりません。
We went with the relief supplies to yesterday Bhotsipa village.Bhotsipa village that has been away from Kathmandu about 60 km.The first 45 km ordinary.
But 15 km are so unimaginable bad.It took more than two hours in order to run 15 kilometers.
We are first aid who went to this village.

2015/05/21(木)

ルンビニ在住日本山妙法寺の佐藤達馬上人。現地に住み、地震直後からの活動しておられる方のご意見は貴重なものでした。
Meeting wiht Tatsu Sato who live Lunbini.
He is also support activities to continue in the Kathmandu suburb.I got a lot of valuable advice.

2015/05/20(水)

昨晩夜遅くまでカトマンズのネパール仏教徒フェドレーションの本部でボスティパ村の村復興委員会の人及びフェドレーションの関係者と支援について話し合いをした。
Yesterday , night in Kathmandu Nepal Buddhist federation in office long night then botsipa village people or federation effected people with relief for him hence attend the meeting

2015/05/20(水)

通関開始まで時間があったのでルンビニ マヤ堂で慰霊法要を行った。
There was a time to start customs clearance.So we had a memorial service at the Maya temple of Lunbini.

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
[TOP]